特定非営利活動法人にじのこより、お知らせです。


by niji-noko

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

寒い日が続きますが、そんな中でも幼児グループの子どもたちは、元気いっぱいです!
このところ、子ども同士の関わりがたくさん見られ、見ているこちらは、ハラハラ・ドキドキ(^_^;)することもありますが、そんな関わりの中で、力の加減や気持ちの動きを学んでいくのだと出来る限り見守ることにしています。
幼児期に、泣いたり、笑ったり、怒ったり等、たくさん心を動かすことは、自分自身の気持ちをコントロールしていく練習になると私は思っています。大きくなったとき幼児期に出せたか出せないかで差が出てきます。
(これは私の子育ての経験上でも立証されています。)(-_-;)
でも子どもの年齢=親年齢ですので、なかなか上手くいかないことが多く、どうしてもイライラして怒ってしまい自己嫌悪…なんてことはよくありますよね?あくまでも提案ですが、そんな時は素直な気持ちを子どもに伝えてみるというのは、どうでしょうか?子どもを怒る罪悪感が少しは軽くなるかと思います。それでも叱ってしまったときは自分が落ち着いたときに子どもがわかってもわからなくても、素直に「ごめんね。」と伝え、「さっきは〇○だったから怒っちゃったの。」と「言い訳」してみてください。自分の気持ちの整理にもなると思います。親も気持ちを溜め込みすぎはよくありません。溜め込んでいるときのイライラの波動は繊細な子ども程、感じ取ってしまいます。そういう時は周りを見渡してみてください。理解し、支えてくれている人がいるはずです。その人たちに話を聞いてもらえば心が少しは軽くなると思いますよ。その存在に私たち職員も入っていればいいなぁと思います。

さて、1月は2月の節分に向けて、オニづくりをしました。新聞紙や広告紙を思う存分、破いたり、丸めたり、投げたりして遊んだ後にオレンジ色のビニール袋に新聞紙等を詰め込み、顔、手足、胴体とパーツを作り、顔には福笑いのように用意された目・鼻・口・眉毛・髪の毛を子どもたちに貼ってもらい、最後に職員がパーツを作り、完成しました。そして…2月には子どもたちにやっつけられ(笑)にじのこから去っていきました!!


c0186983_11163614.jpg






紙やぶりを思い切り
たのしみました。
思い切りの良さに
感心します。







c0186983_11223484.jpg






   一人ひとつずつ持って、
   貼ってもらいました。
   福笑いのようで、
   大笑いしました。


 




c0186983_11172038.jpg



  
   パーツを見て頂いた
   ように子どもたちが、
   たっぷり紙やぶりを
   楽しみ、行ったおかげ
   で昨年よりぷっくりした
   オニが完成しました。

  
    

[PR]
by niji-noko | 2018-02-17 14:53 | 幼児グループにじのこ