特定非営利活動法人にじのこより、お知らせです。


by niji-noko

今年も暑い日々が続きましたが・・・

にじのこのみんなは

汗いっぱい、元気いっぱいで通ってきてくれました!

今年のにじのこ赤堤の様子を少し紹介します。

①陶芸活動

 昨年に引き続き陶芸の活動をしました。新たに器具を購入し、制作のバリエーションが増えました。

 絵付けし、焼き上がった作品は、9/28()29()のにじのこバザーで販売しますので是非見に来てくださいね!

c0186983_10484260.jpg
c0186983_10485140.jpg
c0186983_10490512.jpg
c0186983_10514632.jpg

②昼食作り

 夏野菜カレーとホイコーロー丼を各曜日1回ずつ作りました。同じ大きさに切るのを頑張りました。そして、大盛りカレーを皆モリモリ食べてスタミナをつけました!


c0186983_10494758.jpg
c0186983_10495600.jpg
c0186983_10500511.jpg

③お手紙作り

 感謝の気持ちを込めて、お父さんお母さんそしてお友だちへ。喜んでくれるかな?

c0186983_10485848.jpg
c0186983_10503056.jpg
c0186983_10503795.jpg

④にじのこ夏祭り

夏祭り開催を目標に、はっぴとうちわ、そしておみこしを作りました。

「わっしょい、わっしょい」お囃子の曲に合わせて元気に室内を練り歩きました。

c0186983_10491637.jpg
c0186983_10544418.jpg
c0186983_10501316.jpg
c0186983_10502503.jpg

大きな怪我や事故もなく、無事に2学期を迎えられました。

以上、にじのこ赤堤の夏休みの活動の様子でした
[PR]
# by niji-noko | 2018-09-22 11:06 | デイサービスにじのこ赤堤
にじのこでは、保護者交流と地域交流を目的として、毎年バザーを開催しています。

バザー委員の皆さんとともに素敵なバザーになるよう準備しています169.png

さて、にじのこバザー2018のポスターが完成しました!

c0186983_11104113.png

バザーでは、衣類・雑貨・おもちゃなど、掘り出し物を沢山用意しておりますので、
是非お誘い合わせの上、お越しください101.png169.png

なお、ヘルパー・ボランティアも募集中ですので、関心がある方は
にじのこバザーにお越しの際にお気軽に声を掛けてください。

みなさんのお越しををお待ちしております173.png

◆日時
9月28日(金)・29日(土) 10:00~15:00(小雨決行)

◆場所
烏山区民センター前広場
(京王線千歳烏山駅北口徒歩1分)

◆問い合わせ先
 特定非営利活動法人にじのこ 事務所
 〒157-0062
 世田谷区南烏山6-3-9-603
 TEL:03-5314-2488
 http://nijinoko.jp
※烏山区民センターへの直接のお問い合わせはご遠慮ください。
※ご不明な点はお問い合わせください。

[PR]
# by niji-noko | 2018-08-29 11:17 | バザー
例年より早く、6月に梅雨が明け、暑さに慣れる前に本格的な夏がやってきてしまいましたね。105.png
幼児グループでは例年通り、7月に入ってすぐにプールを始めました。水遊びが苦手だった子が前年
より拒否感なく、楽しんでいる姿に感動し、成長を感じさせてもらえます。そんな子どもたちの笑顔
を見ていると、暑さも吹っ飛び癒されます。110.png
7月・8月はメインプログラムが「プール」となっていますが、お子さんの体調なども考慮し、行って
いきます。169.png129.png162.png


c0186983_16013066.jpg


        177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png就園勉強会177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png
6月26日(火)に就園勉強会を開催しました。毎年、先輩お母さまからの実体験を通してのお話をしていた
だいていますが、今年も区立幼稚園に加え、私立幼稚園の情報もいただき、にじのこのお友だちのためだ
けでなく、弟や妹のためにもなる勉強会となりました。先輩お母さまの「少しでも不安をなくすために」
という心遣いが感じられ、仲間っていいなぁ162.pngとつくづく思いました。
お忙しい中、資料作りにご協力いただいた皆様、大変にお世話になりました。106.png

c0186983_16071085.jpg
                     










[PR]
# by niji-noko | 2018-07-05 11:48 | 幼児グループにじのこ

4月からの赤堤の活動

赤堤 夏前活動報告


       新年度になり、早や3カ月が過ぎようとしています。写真等を交え春休みや4.5.6月の活動全体の様子をご報告いたします。

179.png春休み
    春休みの午前中は予定していたプログラムを変更し、みんなで公園へ遊びにいきました。
丁度桜も満開となり、気持ちの良い穏やかな季節を満喫することができました。


☆桜満開
c0186983_15450649.jpg



 ☆公園で一休み
c0186983_15264047.jpg

                

  幸福の招き猫電車まだ走ってます!!
c0186983_11421355.jpg


      ☆お弁当は自分で詰めました!!      
c0186983_12154108.jpg



 ☆クッキー作り
c0186983_16032094.jpg





178.png5月・6月
◇高校生の多い水曜日に、クッキングのメニューについて話し合いました。 
   
  イングリッシュマフィンのトッピングとして、色々な意見がでました。 
c0186983_12335814.jpg

ナスのトマトソース煮とたまごとベーコン、納豆も!!
ビュッフェ方式で美味しく頂きました♪
c0186983_12263771.jpg


◇かたつむりのシール貼りと塗り絵
                                     
2年生ともなると、集中して活動に取り組んでいます。
指先の使い方が上手になり、独創的なアイデアも浮かびます。
c0186983_12533521.jpg


c0186983_12563077.jpg





 176.png170.png169.png
       進学に合わせて給田から移動してきた高校1年生。
     友だちに勧められ仲間に加わった高校3年生。
元気で愛嬌たっぷりの小学一年生。
       新しいお友達を優しく受け入れた赤堤の先輩たち。
      
      それぞれがにじのこ赤堤で、思い思いの居場所を見つけて楽しんでいるようです。
      これから迎える夏が楽しみです。


    

[PR]
# by niji-noko | 2018-07-04 12:10 | デイサービスにじのこ赤堤

それぞれの切り取り方

幼児グループから持ち上がってきた子たちが給田のメンバーに加わって、早2ヶ月。

中学生・高校生もいる空間の中で小1の子を見ているとまだ小さく見えますが、
この子たちも月日が経てば同じように中学生・高校生になっていきます。

中学生・高校生になると、にじのこに帰ってくる時間も遅くなりますが、
時には職員にきっかけをつくってもらいながら、
それぞれが工夫して中学生・高校生ならではの過ごし方を見つけているようです。

c0186983_21195904.jpg

ある日、自由時間に少し退屈そうにしていた子がいたのですが、
職員としばらく話をしているうちに思いついたようで、
「京王線の電車の撮影に行ってもいいですか?」と職員に相談していました。

撮影に出かけると、後日に行われた恒例のにじのこ新聞制作では、
自分で構図を考えながら撮影した写真を切り取って、記事に仕立て上げていました。
本人の思いがよく表れた記事ですね。

c0186983_21195901.jpg

その子が学校で疲れて、あまりプログラム活動に関心が持てなかった日には、
関心のある写真撮影を依頼されると、快く引き受けてくれました。

友達が楽しく演奏する様子がこのブログで伝わるように、
いろいろな角度から撮影していました。

c0186983_22414805.jpg

別の日にはクッキングの日にみんなで一緒に焼きうどんをつくったのですが、
写真撮影だけでなく、この日のクッキングについてのレポートをお願いしたところ・・・・・・。 

c0186983_22401983.jpg

気の利いたコメントが添えられていて、職員一同驚かされました。
これからもクッキングの日はレポートを書いてもらおうと思っています。
たくさん集まったら、にじのこレシピ本ができるかも・・・・・・。

c0186983_15300092.jpg

中学生・高校生の過ごし方を見ている中で、
にじのこでの支援のあり方について、改めて考えさせられたことがあります。

それは、どんな切り取り方をするかが大切だということ。

例えば、同じ集団活動でも、
リーダーになること、準備を手伝うこと、まずは様子を見守ること、記録をすることなど、
それぞれの「参加」の方法が考えられます。

「これをしていないからだめだ」と一元的に判断するのではなく、
ひとりひとりに合った切り取り方をすることで、子どもたちの見方も変わってくる気がします。

小1~高3の子を対象とする放課後等デイサービスでは、
上級生や下級生がともに楽しめる活動を大切にしつつも、
それぞれの年代を考慮しながら、ひとりひとりに合った活動を柔軟に提供することも、
同じように大切にしていけるといいな・・・・・・と思いました。
 
 
 

[PR]
# by niji-noko | 2018-06-08 11:57 | デイサービスにじのこ給田