特定非営利活動法人にじのこより、お知らせです。


by niji-noko

やわらかい感触

先日、にじのこ秋バザー2016が開催されましたが、
給田では夏休みの終わりごろから、
少しずつバザーに向けての準備を始めていました。

ハロウィンの時期が近いということもあり、バザー担当職員が、
「にじのこらしいかぼちゃがあるといいな・・・・・・」とつぶやいていたので、

c0186983_1313717.jpg

子どもたちが描いた絵を集めて・・・・・・

c0186983_1315268.jpg

パステルカラーのかぼちゃをつくり、毎日眺めては、
少しずつバザーに向けて気分を高めていきました。


さて、バザーに向けて、どんな制作を行っていこうか考えたのですが、
やはり子どもたちの興味を活かせるものがよいのではないかということになりました。

給田には、タオルが好きでいつも手にしては感触を楽しんでいる子がおり、
ぬいぐるみをなでながら、やりとり遊びをしている子もいます。
また、シールを貼る活動になると、張り切って参加する子がいます。


そんな子どもたちが参加しやすい活動を考えた結果・・・・・・

c0186983_1323040.jpg

c0186983_1324113.jpg

色とりどりのフェルトを使って、ハロウィン飾りをつくることにしました。

制作の仕方は人それぞれ。

フェルトのやわらかい感触を味わっている子もいれば、
シールフェルトの両面テープをはがすのに苦労しながらも、
あきらめずに取り組む子がいました。

c0186983_13313.jpg

シールを貼るのが好きな子は、
いろいろな形に切られた、色とりどりのシールフェルトに大興奮!
集中してたくさん貼り付けていました。

「クリスマスツリーではないの?」と、
思わず突っ込みを入れたくなるかもしれませんが、
でもたくさんの飾りつけをするのは充実した時間だったようです。

c0186983_1333044.jpg

フェルトを使った制作を行ったことで、思わぬ発見もありました。

普段から友達の似顔絵を描くのが好きな子が、
特に誰かに言われたわけでもないのに、
自由時間にフェルトで友達の顔をつくり始めていました。
本人の世界を広げるきっかけができてよかったな・・・・・・と思いました。


みんなでつくったハロウィン飾りを、
どのような形で展示したらよいか迷ったのですが、
バザーで一番目にしてもらいやすい方法を考えた結果・・・・・・

c0186983_1334241.jpg

エプロンにすれば、バザーの時に
保護者の方々にも着てもらえてよいのではないかという結論に達しました。
よく似合っていますね!

c0186983_134580.jpg

当日、保護者の方々の「かわいい~!」と言う声を会場で耳にすると、
子どもたちが制作している時間を思い出して、うれしくなりました。

フェルトのやわらかい感触を味わうように、
子どもたちも、保護者の方々も、地域のみなさんも
触れたら安心できる場所をつくっていけるといいな・・・・・・
今回の制作を通してそんなことを考えた私でした。
 
 
 
[PR]
# by niji-noko | 2016-11-30 15:32 | デイサービスにじのこ給田
10月28・29日の2日間、にじのこ秋バザー2016を開催しました!

c0186983_15271980.jpg

バザー委員の保護者のみなさんが中心となって、
この日のために準備を進めてきたのですが、
残念ながら、1日目は雨の予報に・・・・・・。

c0186983_15272042.jpg

規模を縮小して、午前中のみの開催となりました。
それでも熱心に品物を見て下さる方がおり、
こちらの想像以上の売り上げを得ることができました。

c0186983_21144848.jpg

2日目は幸いにも好天に恵まれました。
ハロウィンの時期ということもあり、
至るところにかぼちゃの装飾をして、会場の雰囲気を盛り上げました。

c0186983_1401067.jpg

c0186983_15271928.jpg

このハロウィンかぼちゃは、
幼児・給田・赤堤のデイサービスの子どもたちが
みんなで制作したものです。

c0186983_15271839.jpg

会場でもハロウィンかぼちゃの工作コーナーも設けたところ、
装飾を見た子どもたちが集って、制作に取り組んでいました。

c0186983_23130613.jpg

また、今回のバザーでは、幼児グル―プの保護者のみなさんが中心となって、
ゲームコーナーを企画してくださいました。

楽しんでいる子どもたちの声が会場に響いており、
子どもたちを中心として活動を行ってきた
にじのこのアピールにもつながった気がしています。

c0186983_23131080.jpg

バザー全体の売り上げは、416,641円でした!
子どもたちの活動のために大切に使わせていただきます。

次回のバザーは2017年の秋を予定しております。
詳細が決まりましたら、このブログでお知らせします。
 
 
 

[PR]
# by niji-noko | 2016-11-18 12:30 | バザー

うんどうかいごっこ

暑い夏が過ぎ、秋がやってきたかと思ったら、急に寒くなったせいか、風邪をひいている子も少なくありませんが、賑やかに過ごしています。今年も10月は「うんどうかいごっこ」を行いました。
1ヶ月かけて、飾りつけに使用する「旗」や最後にご褒美となる「メダル」を作成し、「うんどうかいごっこ」を行うという流れをここ数年行っています。
*プログラム*
c0186983_16153677.jpg

*かけっこ*
c0186983_18203538.jpg

*つなひき*
c0186983_184180.jpg

*たまいれ*
c0186983_1636860.jpg

*あみくぐり*
c0186983_18111246.jpg

*メダル*クレヨンでのお絵かきやコルクをのりで貼る作業を行いました。
c0186983_18242878.jpg

c0186983_18304033.jpg


夏の間に‘ひとまわり’も‘ふたまわり’も大きくなった子どもたち。毎日私たち職員にたくさんの笑顔をプレゼントしてくれます。
ご家族の皆さんも日頃子育てに奮闘しているときは、なかなか感じられないときもあるかと思いますが、皆さんのお子さんは、愛情をたっぷり受けてすくすくと大きくなっていますよ。
一人ひとり姿が異なるように、成長の速さも、やはり異なります。それでも、その子のペースで、確実に大きくなっています。
子どもの成長する力を信じることも親の役割だと感じています。親も人間ですから挫けることもありますよね。でも挫けるということは、挑戦したという証拠です。子どもと同じようにその一歩一歩の積み重ねが親としての成長につながるのだと思います。
どんな子育てにも悩みは出てきます。そんな時は周りの人に頼ってくださいね。溜め込んでも良いことはありません。愚痴でも何でも、吐き出すに限ります。私たち職員でも良ければ、いつでもお待ちしています。(^‐^)
[PR]
# by niji-noko | 2016-11-16 17:56 | 幼児グループにじのこ
にじのこでは毎年2回、保護者交流と地域交流を目的として、バザーを開催しています。

秋のバザーが一ヶ月後に迫り、職員や保護者の方達で協力して準備を進めています。

今回も保護者の方が素敵なポスターを作ってくださいました ♪

c0186983_11573641.gif


今回は29日(土)にハロウィンの工作コーナーや、
保護者の方達によるゲームコーナーなどを企画していますので、
楽しみにしていてください。

バザーでは、秋冬衣類・雑貨・おもちゃなど、掘り出し物を沢山用意しておりますので、
是非お誘い合わせの上、お越しください。

なお、ヘルパー・ボランティアも募集中ですので、関心がある方は
バザーにお越しの際にお気軽に声を掛けてください。

みなさんのご参加をお待ちしています!

◆日時
10月28日(金)・29日(土) 10:00~15:30(小雨決行)

◆場所
烏山区民センター前広場
(京王線千歳烏山駅北口徒歩1分)

◆問い合わせ先
 特定非営利活動法人にじのこ 事務所
 〒157-0062
 世田谷区南烏山6-3-9-603
 TEL:03-5314-2488
 http://nijinoko.jp
※烏山区民センターへの直接のお問い合わせはご遠慮ください。

◆バザー用品募集!
ご家庭に眠っている新品・未使用の秋冬衣類・雑貨・おもちゃ・食器、
生活日用品などご寄付ください。
◎受付期間:10月20日(木)・21日(金)・24日(月)・25日(火) 10:00~14:00
◎受付場所:にじのこ事務所401号室

※ご不明な点はお問い合わせください。
[PR]
# by niji-noko | 2016-09-24 12:08 | バザー
にじのこでは毎年、成城消防署に依頼し普通救命講習を職員・ヘルパーが受講しています。
この講習を受け始めて10年目となった今年
                   なんと!
成城消防署より感謝状をいただくことになりました!
多年にわたり救急業務の充実発展に多大な貢献をしてきたとのことだそうです。

9月12日(月)授与式が行われ、副理事長が授与して参りました。
c0186983_16471294.jpg

c0186983_16475595.jpg

緊急の事態に遭遇しないに越したことはありませんが
もし、遭遇した時のために救える命を救えるよう
にじのこでは、今後も救命講習を受講していく機会を作っていきます。


さて、その授与式の後、普通救命講習が行われました。今年は17名が受講しました。
毎年受講していても毎回新しい学びがあります。
講習の中には、人形を使い心肺蘇生とAEDの使用方法の実技がありますが、実際にやってみると想像以上に難しいですし体力を必要とするということが分かります。
災害時の避難訓練と同様、救命も訓練が必要だと感じました。

◇受講者の感想◇
●年に1回練習をしていても、いざという時緊張することが想定される。落ち着いて行動をすることが大切だと思う。
●実際に心肺蘇生をやってみて、押すリズム・場所・強さ等体感できたりAEDの使い方が再確認できた。
●スーパーの袋・手袋など普段からバッグに入れておこうと思った。昨年も受けているが新しい発見もあり、テキストを再度じっくり読んでみようと思った。


救命の連鎖で一番最初に行うことは「心停止の予防(突然死の可能性のある傷病を未然に防ぐこと)」です。
小児の突然死のほとんどが不慮の事故が原因だそうです。
そして、交通事故・溺水・窒息などの不慮の事故は「大人の不注意」から起こります。
子どもから目を離さない、子どもの手の届くところに口に入る小さな物を置かないという基本的なことから各事業所で再確認していきたいと思います。





最後に、最近の事務所の玄関です!
c0186983_16484718.jpg

c0186983_16503897.jpg

感謝状&ハロウィン仕様♪
感謝状をしばらくの間飾っています。よかったら見に来て下さい♪


c0186983_16493440.jpg

アメもご用意してます♪
[PR]
# by niji-noko | 2016-09-20 12:30 | 事務局